<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< サマキャからの〜yassyCUP!!! | main | 感謝 >>
報告

みなさまにご報告があります


僕は、今期、ALL JAPAN SUPER MOTO に参戦するのと同時に、オートレーサーへなる為の試験に挑戦をしています

そして先日、おかげさまで二次試験を突破する事が出来ました


残すは、10月からの9カ月の研修期間を経て、そこで卒業試験に合格出来れば、オートレーサーになる事が出来ます


試験に合格すれば、僕は、スーパーモタードのレースから、オートレーサーへと転向する事を、決めております



これまで僕は、スーパーモタードライダーとして、本当に沢山の方から応援してもらいました

モトクロスライダー時代には叶わなかった、子供の頃からの夢「プロライダー」という、僕にとって本当の意味での夢を、MOTO1という世界で見させて貰いました


とても幸せな時間でした


レース活動を心の底から本気で出来る事が

こんなにも、充実と幸せをもたらしてくれるってことを知る事が出来ました

ほんとうに、幸せでした



でも、それと同時に、このままいつまでもレース活動を続けられないという不安と、そして焦りもありました


僕がモタードを始めた頃はまだ、モタードのプロというライダーはいなかったように思います

それだけ、まだまだ始まったばかりの新ジャンルでありました


しかしそれと同時に、これからの発展を誰もが望み、期待し、それに関わるひとすべてが輝いていました

もちろん、僕もそのひとりで、「モタードでプロになる。プロとして食って行ける環境を作ってみせる。」と、これまで、それこそ人生をかけて取り組んで来たつもりです




現在、僕はレース業以外に整体師としての職をもっています

それは、このままいつまでもレースが出来るわけじゃないって思った時に、出した答えのひとつです

選手を引退した時に、これまでのバイク人生に関われる仕事をしたい・・・そう考えた結果、選んだ答えでした


それは、もちろんプロレーサーとしての夢を諦める事になるわけですから、正直に言ってしまえば、自分の心に残念な気持ちが芽生えたことは否めません


厳しい現実を振り切り、ガムシャラに突っ走って来たつもりの自分にはとっては、これまでの人生の中でいちばん苦しい挫折を味わいました



しかし、昨年末にオートレーサー募集の告知がある事を知った時、もう一度、レーサーとしての人生を歩める道があるのかもしれないと、

そう思った時に、自分の中でこみ上げてくる物がありました


あの、モタードのプロになる事を目指していた時の自分

目標に向かって情熱を注げる、その熱い思い、自分自身を、取り戻す事が出来たような気がしました




モタードライダーとしての僕の活躍を信じてくれたみんな、応援してくれたみんなに、僕はいつも 「モタードを盛り上げたい」と言って来ました

志しなかばで、モタードから離れ、オートレーサーに転向する道に、最初は迷いもありました



最初、この試験を受けてみたいという話を、HusqvanaJAPAN様にした時に言ってもらった言葉が

「自分が進みたい道を選んで欲しい。yassyには十分良くやってもらった、本当に感謝している。ありがとう。」


そんな言葉をかけてもらいました


ほんとうに、うれしかったです、涙が出るほど、うれしかった



生意気な事を言わせていただくと、僕は、HusqvanaJAPAN様と、同じ目標に向かって歩んでいるパートナーとして、付き合わせて頂いたつもりでいました

モタードを盛り上げる為に頑張って、報酬を得る、 その為のビジネスパートナーという、そういう意味でです

自分自身、そう務めたつもりでいました



しかし実際には、僕がしてもらう事ばかりで、それに対してのお返しなんて、ぜんぜん出来ていないのだと思います


それは、HusqvanaJAPAN様だけではなく、支援してくださるすべてのスポンサー様、そして、応援してくださるファンのみなさま、そしてなにより、いつもそばで支えてくれる仲間に対しても、同じきもちです


だからこそ、こんな勝手なことを言っていいのかと、不安の中で打ち明けたこの話に、言ってもらったのが先の言葉、ありがとう。



こみ上げるものがありました

誠意をもって頑張って来て良かった、味った挫折も払拭して、報われたような、そんな気持ちになれました




重くて、面倒くさいヤツって思う方もいるかもしれません

僕自身、こんな性格でなかったらあるいは、挫折を味わう事もなく、なにかもっといい方法かやり方を見出せたのかもしれません



だけど僕は不器用ということもあり、こんな生き方しか出来ないのだと思います

気持ちをかけてくれるすべての方に、感謝の気持ちと敬意をこめて、そういう人間でありたいと、僕自身の願いでもあります



だからこそ決めました

夢や目標をもち、それに向かって全力疾走する事が、僕を応援してくれるみんなに対してのお返しと

それが僕が出した選択の、 こたえです。



そして、この先のMOTO1のレースは、すべてキャンセルする事にさせて頂きました。


10月からの研修までは、レースに出場する事は出来るのですが、これから先の夢と目標に向かい、また怪我などのリスクを避ける為にも、ここで気持ちを切り替える事にしました。


僕のレースを楽しみにしていて下さる皆様には、大変申し訳ない気持ちですが、ご理解頂けると幸いです。



これから先は、スーパーモタードライダーyassyに変わり、オートレーサーyassyとして、オートレース界の記録を塗り替えるようなレーサーになるべく頑張って参ります!


皆様、今後も変わらぬ応援、どうぞ、よろしくお願いいたします!!!
ロード界から転向するかたは多いそうですが、モタードライダーの転向は初めてでしょうか。オートレーサーになっても、アグレッシブな走りを期待しています。頑張ってください。
えりあ | 2012/08/14 19:09
アットが、ずっと大好きだった、ヤッシー。ヤッシーはアットのヒーローでした。今は夏休みですが、アット障害を抱えながらも頑張って毎日、小学校に通ってました。アットが、最年少ヤッシー第一号ファンだと、思っております。オートレースには、アットは行けません。行けなくても、アットの耳に入るような、偉大なレーサーになって下さい。
多分、ヤッシーの居ないモタードはアットは行かないと思います。ぜひ、伊那サーキットで、いつかイベントをお願いします。そしてヤッシーの走りを見せて下さい。
オートレーサー頑張って下さい。応援しています。
アットファミリー一同代表、アット父。
アット父 | 2012/08/14 20:54
感動をありがとう。そしてこれからもよろしく。今まで以上にね。
広島県人 | 2012/08/14 21:03
や〜正直驚きましたが、次の目標に向かって頑張っている姿を見ると、学ばなきゃいけないことが沢山あるな〜
と感じます。

 オートレースでも絶対に1位になれると信じています
オートレースも頑張ってください。
応援してます!!(>_ _<) (^=^)

絶対に勝てる、勝てる、勝てる!!!!
Ryo | 2012/08/14 21:40
いろいろと苦悩していたようですね。
オーバルコースでマシンもモタードとは全く違うもんですが
オートレースという新天地でもブッチぎってきんしゃい!!
頑張れ!yassy!!

あ、伊勢崎くらいなら見に行けるかな?
車券は一点買いでyassyでしょ(^o^)
ハスキー猫 | 2012/08/14 23:57
ビックリが正直な気持ちですが、去年の、忘年会での『自分のやりたい事に一生懸命になれ』『ひとつでもいいから一生懸命になれ』この言葉いつまでも忘れません
これからのCPは、誠君がモタード引っ張ってくれますよ!
今までありがとうございました。
応援しています。がんばって
来也 | 2012/08/17 12:44
トライモタードで再度お会いできるのを楽しみにしていたのですが残念です。
話にならないど素人にいろいろアドバイスいただきありがとうございました。
ヤッシーの参加でオートレースが話題になって少しでも盛り上がっていくことを陰ながら祈念しています。
nick18.m | 2012/08/18 08:31
スゲーです(^-^)/
頑張って下さい!!応援します!!
受かって、浜松オートで走る事があれば、是非電話下さい!!速攻で応援行きますんで( ´ ▽ ` )ノ
やすおみ | 2012/08/20 08:01
苦しくも前向きな決断をなさいましたね。
その選択に間違いはないと思います。

オートレースという新しい世界でも
きっと大きく羽ばたいて下さい。
陰ながら応援しています。

beersナガ | 2012/08/20 20:41
ヤッシーはヤッシー!!
皆の そして私の大好きなやっしーには変わりありません★

自分の人生一度きり。頑張ってください。応援しています!!
piko | 2012/08/24 10:46
モタードからオートレーサーへも頑張って下さい!佐藤健二の門下からも女子レーサーがオート界へ!熱いレースを期待してます!怪我には十分注意して粋の永い選手に成って下さい!
tanimasa | 2012/11/14 20:32
COMMENT









Trackback URL
http://blog.yassy.jp/trackback/760
TRACKBACK
プロフィール
2011スポンサー様
2011スポンサー様
チームソウルフルについて